【渡り鳥生活】現実的な方法教えます!

 

 

 

こんにちわ、みかんです🍊

 

好きな時に好きな場所で過ごす。

『渡り鳥生活』に憧れをもっている方は多いと思います。

ただ、それをするには不労所得が必要だとか思っていませんか?

 

そんなことはありません

 

今の時代、そんな方法でなくとも『渡り鳥生活』は可能です。

もうイージーモードですよ、誰でもできます。

この半端者のプータローがやっているんですから大丈夫です。

 

今回はその具体的な方法を紹介しようと思います。

 

身軽になる

 

 

とりあえず家ジャマじゃね✋

退去しましょう。

家ごときに大金払うなど言語道断。

不要です、サヨナラしましょう。

 

携帯も格安SIMに変更。

安いポケットWiFiを契約しましょう✋

パソコンは要りません、タブレットにキーボードを装備しましょう。

 

住民票を実家に移します。

車は持っておいたほうがいいです。

相棒になります。

 

バイクでもいいです。

車とバイクどちらのほうが安くつくかというと…

 

実際たいして変わりません✋

 

車は荷物運べますから、宅配代が浮きます。

雨の日も移動に苦労することはないですし、車中泊もできます。

 

必要なものは全部車に積んでいく

 

 

 

 

現地で買い揃えばいいや…

それはアホのやることです。

今までの私生活で使用頻度の高かったものは全部詰め込んでください。

 

小物揃えるだけでもけっこうお金って実はかかってるんですよ。

調味料なんかもかなり出費がかさむものです。

衣類・ハンガー・バスタオル・洗剤・料理道具・調味料・炊飯器・電気ポット・アイロン・通信危機、もう全部持ってってください。

 

それが車が相棒ということです。

買い揃えようとするから出費がかさむんです。

 

現地の仕事を見つける

 

リゾート派遣を利用する

 

 

『リゾバ』で検索するとすぐに出てきます。

ヒューマニック・アプリリゾート・グッドマンサービス・アルファリゾート・ファインコミュニケーションズ。

だいたいこの5社が有名どころです。

 

オススメは断然ヒューマニックです。

なぜなら、求人数が圧倒的に多いからです。

行きたいところに行けます、求人数が少ないと自分で職場情報を吟味できません。

 

派遣担当に頼りきることになります。

それは裏を返せば、都合の良い職場に回されるということです。

選択肢が多いとはそれだけ価値があります。

 

もし、求人数が少なく、行きたい場所で働くには1社しか選択肢がなかったら…

その1社が劣悪な職場環境だったら…

おわりです✋

 

 

ボラバイトを利用する

 

 

ボランティア・アルバイトという制度を利用します。

職業体験という名目で、現地で働きながら住み込み生活ができます。

時給はとても安いです。

 

8時間労働でだいたい4000~5000円の日給です。

ただ、寮費は基本無料で、2週間~の応募が可能です。

お金が貯まることはありませんが、現状維持に努めることは可能です。

 

 

季節に合わせる

 

梅雨の少し前に北海道に渡っておく。

 

 

本州には梅雨がありますが、北海道にはありません。

梅雨の季節になる頃には路面は概ね凍らなくなっていますので、気軽に車で上陸できるようになります。

北海道以外ではジメジメした気分を味わうことになるため、早めに来ておきます。

 

夏はそのまま北海道or山小屋

 

 

良い職場にあたればそのまま続行はありです。

ただ、悪い職場に当たった場合、ずっと続けるのはやはりキツイ。

そんなときは思いきって山小屋に応募してみるんです✋

 

山は暑さとは無縁です。

消費することができないため、お金も貯まります。

さらに少し早めの紅葉がやって来ます。

 

紅葉する頃に下山するといいです。

 

 

紅葉の秋は稼ぎ時

 

 

暑さは退き、稼ぐのに一番適した時期がやってきます。

紅葉の季節は温泉街に行きましょう!

 

ガッツリ働いて毎晩温泉に入って疲れを癒しましょう。

ここを頑張ることが一番大切です!

 

冬は選択肢だらけ

 

 

そのまま温泉街で働いてもいいです。

暖かい沖縄や鹿児島、伊豆諸島に逃げてもいい。

インターナショナルなスキー場で働いてもいいです。

 

もちろん、秋に貯めたお金で海外に逃げてもいいです✋

 

紅葉の季節に頑張って金銭的自由を作っておくと、いろいろな移動手段を得られます。

冬は年末年始に向けてどこでも働き放題です。

 

春は仕事が少ない

 

 

働くところは少ないんです。

働けたとしても金にならず、とても都合よく使われます。

 

だから、まさにこの春前が海外に逃げるのにオススメな時期です。

2月の終盤に蓄えたお金で行っちゃってください✋

 

それが無理そうなら、ボラバイトで食べ凌いでみるか。

久しぶりに親の顔でも見に行くか。

そんなところでしょう。

 

とにかく新生活シーズンということで、入社時期を大幅にずらされ、収入が得られない時期ができる可能性があるので、そこは注意です。

 

渡り鳥生活をする上でのアドバイス

 

全国各地に拠点を築こう

 

 

全国各地をまわりながら拠点を作っていきましょう。

拠点とは、一度就業して仕事を覚えた場所のうち『また、ここで働いてもいいかな!』と思えるような勤務地のことです。

 

例えば僕はなんかは、北海道、日光、阿蘇に拠点があります。

今やっているボラバイトが全国規模で展開しているファームで、この契約を終えればさらにプラスできます。

 

そうなると、北海道・青森・栃木・岐阜・岡山・熊本・長崎が拠点として利用できます。

これだけあるとひとまず安心です。

 

通年して稼げる勤務地を探そう

 

 

今までリゾバを10地点ほどやってきましたが、安定してオールシーズン稼げる職場は1地点しか出会えてません。

できるだけ、そういう職場を探して、そこに慣れておくといいです。

 

夏と冬は仕事があるからいいとして、春も働けないと困ります。

秋は働けても稼げないと意味がありません。

 

資金集めの拠点も作っておいたほうがいいです。

 

何でも屋になっておけ

 

 

何でも屋として働けということではありません。

しっかりとした判断が下せるように数多くの職種を経験しておいたほうがいいということです。

僕はこれまで数多くの職種を経験しています。

 

飽きるからという理由で色々変えてきましたが、その経験は今とても生かされています。

ホテルで働くことが多いんですが、ホテル業務なら基本的全ポジションできるんですよね。

 

だから、視野が広がります。

的確な指示も出せるようになります。

なにより自分たちの領域を守ることができるようになります。

 

例えば、楽しているホールに忙しい洗い場が業務を押し付けられそうになったとき、ホールの知識がないとうまく対象できません。

ホールのレベルを見極めれないと、『忙しい』という言い訳を受け入れてしまうでしょう。

何でもハイハイ言ってると、一緒に働いてるスタッフも大変な目に遭います。

 

自分の利益は自分で守るんです。

 

ときどき楽な仕事も入れよう

 

 

リゾートバイトは基本的に中休み勤務でガッツリ拘束されます。

稼ぎはいいですが、自分の時間はとても作りにくいです。

 

ときどきボラバイトをいれたりして、自分の頭の中を整理しましょう。

週4で働きながら本を読んだり、料理を作ったり、部屋の掃除をしたりという時間も大切です。

 

副収入があることに越したことはない

 

 

副収入があると選択肢が増えます。

「この職場労働条件はいいけど給料がな…」

一発解決です。

 

「いい仕事ないな~もうちょっと待ってみるか、でもそしたら金がな…」

これも一発解決。

 

お金に縛られるということが一番しょうもないんですよ。

これがなくなってくるともう無双状態ですよね。

やりたいことに一直線ですよ!

 

最低限、自由に生きていく場所は確立されているんです。

無くても新たな場所を開拓することはできます。

あとは金銭的な制約を無くしていくだけ…

 

副収入を増やすための勉強をするには、ボラバイトはとても有効的です。

相性いいですよ。

 

おわりに…

 

 

僕らには選択肢があります。

自由とは選択する能力があることをいいます。

 

選択することができない状態を生きているとはいいません。

後先考えず行動することは大切です。

失敗して学べばいいだけです。

 

失敗もせず失敗する気になって諦めるなら、もう最初から考えないほうがいいです。

やりたかったらやればいいんです。

失敗どうこう言われるほど僕らは期待されてないんだから✋

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

リゾート派遣を渡り歩いて生活していると、ブラック企業に出会うことの方が圧倒的に多いんです。もう馬鹿馬鹿しくてね、働きたくないわけですよ。